2009年12月15日

時間がありません。賛同してくれる方ご協力お願いします 事業仕分け、、、

コミュの中からそのままコピペですが‥

本物の舞台芸術体験事業関連

この事業は結構良かったと思うのですよ
特に音楽や舞台の方のギャラが出せない‥いと敬遠されがちです。

子ども達には色々な世界を体験してほしいのですよ

うちはこの交付金の申請はしてなかったですが
これは結構いいものだなぁ‥と思っていたので。。。

日本は今大変な立場だとは思います。
借金すごいし‥

でも
心のゆとりがなくなるのはどうかとも思うんだよね。


なので賛同できる方は下記コピペですが‥お読み下さい。。。

-----------------------------------

音楽仲間からメールが来ました。
「仕分け作業」による、
『本物の舞台芸術体験事業』廃止、日本芸術文化振興会への交付金圧倒的減額についての反対表明です。

私は表明しようと思います。
ご賛同の方、ぜひ、よろしくお願いします。
重複した方、ごめんなさい!

……………………………
ご賛同いただける方にまわしていただけると助かります。
以下のフォーマットをお使いください。
よろしくお願いいたします。


Subject: 助成廃止反対
>
>緊急のお願いです。
>
> 事業仕分けにおいて文化関連予算がバッサリ切られました。特に、子供たちを対象とする『本物の舞台芸術体験事業』が廃止、日本芸術文化振興会への交付金が圧倒的減額、とされたことには強い危機感を持っております。
> 『本物の舞台芸術体験事業』は音楽のみならず、演劇、伝統芸能などの公演を、学校に出向いてワークショップを行い、生徒の参加を含めて体験させるという、大変意義深い事業です。
> 天下りによって私たちの税金が巨額の報酬や退職金になっている事業ならともかく子供たちの感性を豊かにし、将来の日本を担う人材を幅広く育てよう、日本の文化活動を底支えしよう、という事業にまで、費用対効果の理屈一辺倒で切り込んだ今回の非常識な結論にたいして、ぜひ、事業廃止に反対する意見のメールを送っていただきたくお願い申し上げます。
>
> 文化庁(文部科学省)の意見募集は期限が「12月15日」となっておりますので、ぜひ期限内にお願いいたします。その際、下記の要領でお願いいたします。
>送信先アドレス:nak-got@mext.go.jp
>担当官:中川正春・後藤斎
> 
>●事業番号「4」事業名「文化関係1−独立行政法人日本芸術文化振興会」
>
>
>*芸術創造活動特別推進事業助成金についてはこの事業です。
>「芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。」という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。
>
>
>●事業番号「5」事業名「文化関係2―芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」
>
>*本物の舞台芸術体験事業がこの項目です。
>
>
>「本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。」という一文を入れてください。この一文だけでも構いません。
> 
>・様式は自由、必ず「件名(タイトル)」に事業番号、事業名を記入して下さい。
>※ 署名扱いなので、住所・氏名を入れて下さい。
>
>
>12月15日〆切です、音楽関係の方に限らなくても結構です。とにかく文化庁のサーバーをパンクさせる程のメールを送信しなければ、このまま日本の芸術は全てなくなってしまいます。時間がありませんが、ご協力よろしくお願い致します。
posted by tama at 09:25| Comment(40) | TrackBack(0) | コンサート情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。