2006年09月05日

ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ

最近はまっているのが
ヨーヨー・マ(チェロ)
の奏でるピアソラです

ヨーヨー・マの演奏がとても
心に響くものであり、
それが更にタンゴという
情熱のサウンドが加わることで
CDで聴いていても
途中で自分のいる場所を忘れてしまいそうになります夜





ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ
¥1,600(税抜)



【曲目】
ピアソラ:
1) リベルタンゴ
2) タンゴ組曲[アンダンテ/アレグロ](S.アサド編)
3) 《スール(南)》〜愛への帰還
4) ル・グラン・タンゴ
5) フガータ
6) 追憶のタンゴ(カランドレリ&ピアソラ作曲)
7) ムムーキ
8) 現実との3分間
9) 天使のミロンガ
10) カフェ1930
(1,3,5,7-10 ホルヘ・カランドレリ編)
【演奏】
ヨーヨー・マ(チェロ)




中でも一番のtamaお気に入りは

リベルタンゴですねぇ揺れるハート

題名のリベルタンゴというのは
「リベルタ(自由)」と「タンゴ」の合成だそうです

これの題名からも
エネルギッシュな感じが読み取れると思いますが
聴いていて本当にわくわくする
演奏を聴いていていると本当に
タンゴダンサーが目の前で踊っているようです



アルトル・ピアソラという人の曲は本当に
いろんなアーティストが演奏してますが

まずはご本人のも聴くのが一番かとも思います



東京のアルトル・ピアソラ(ライヴ1984)
¥3,200(税抜)


DISC [1]      DISC [2]
1.ビジュージャ    1.ブエノスアイレスの夏
2.フラカナパ     2.チキリン・デ・バチン
3.ルンファルフォ   3.ロコへのバラード
4.デカリシモ     4.迷子の小鳥たち
5.天使のミロンガ   5.白い自転車/ラウル・ラビエ
6.天使の死      6.わが懐かしのブエノスアイレス/ラウル・ラビエ
7.天使の復活     7.ムムキ
8.MC ピアソラの挨拶  8.ミケランジェロ 70
9.来るべきもの    9.アディオス・ノニーノ
           10.チンチン
           11.ブエノスアイレスの秋

〜ピアソラ、幻の東京ライブ“完全収録バージョン 111分”〜


-----*--------*--------*--------*--------*--------*------
アルトル・ピアソラ(1921年3月11日 - 1992年7月4日)

アルゼンチン生まれ
作曲家、バンドネオン*1)演奏家。
4歳の時にニューヨークに移住ここで15歳まですごす
1939年-1944年トロイロ楽団に参加
1954年タンゴに限界を感じたピアソラは
    クラシックの作曲家を目指して渡仏
1955年ブエノスアイレス八重奏団を結成

1959年バンドネオン、ヴァイオリン、
   ピアノ、コントラバス、エレキギター
   からなる五重奏団を結成
以後ピアソラの標準的グループ構成となる

以降1966-1989年まで楽団の結成・解体をくり返す

1955年以降 ピアソラによってタンゴに新たな活気が吹き込まれ以来、
あやゆるジャンルのアーティストによってタンゴが演奏されている


*1)バンドネオンとは‥
  アコーディオンの仲間で
my_picture_19.jpg
左右に30個のボタンがついている楽器
-----*--------*--------*--------*--------*--------*------

posted by tama at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23282129

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。