2006年09月07日

ラヴァーズ・コンチェルト〜サラ・ヴォーン

寝るときにFMラジオを聴いています
私の地域の局では
この時間は明け方までずっとJAZZが流れていて
とてもきもちのいい時間を過ごせますハートたち(複数ハート)

で、先日サラ・ヴォーンの歌声が
聴こえてきました

私は女性三大ジャズボーカリストの中で
(エラ・フィッツジェラルド/カーメン・マクレエ/サラ・ヴォーン)
サラ・ボーンがかなり好きです



↑↑↑ラヴァーズ・コンチェルト〜サラ・ヴォーン・ベスト
2,190(税抜)
国内盤 CD

1.ラヴァーズ・コンチェルト
2.イエスタデイ
3.フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
4.いそしぎ
5.ミスティ
6.シャレード
7.ムーン・リヴァー
8.酒とバラの日々
9.想い出のサンフランシスコ 10.イパネマの娘
11.ラヴ
12.マイ・ファニー・ヴァレンタイン
13.オール・オブ・ミー
14.A列車で行こう
15.ウィロウ・ウィープ・フォー・ミー
16.捧ぐるは愛のみ
17.テンダリー
18.バードランドの子守歌
20.スターダスト
21.ジャイヴ・サンバ



フジテレビ系“月9”ドラマ「不機嫌なジーン」の挿入歌に
起用された”ラヴァーズ・コンチェルト”

まさかトレンディードラマ(今も言うのか!?)に
サラ・ヴォーンが採用されるなんて!!

とても感動してしまったtamaでした

さて、








続きを読む
posted by tama at 10:49| Comment(4) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月06日

CHICAGO〜シカゴ〜

皆さんはミューカル映画
「CHICAGO」
もう観られましたか?



↑↑↑
シカゴ SPECIAL EDITION(2枚組)
¥3,990(税込)
今なら¥399(税込)OFF!
国内盤 DVD

出演:
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
レニー・ゼルヴィガー(ゴールデン・グローブ主演女優賞受賞)
リチャード・ギア(ゴールデン・グローブ主演男優賞受賞)


いまさらながら
この迫力すごい!!と
何度観ても感動します
俳優がすべて歌っているというのも
ブロードウェイのオリジナルキャストも入ってるというのも‥

なんたって一番すごいのが
レニー・ゼルヴィガーはこのとき歌も踊りも初体験といいいます

キャサリン・ゼタ=ジョーンズはもうお色気むんむん!!
きゃ〜〜!!素敵!!揺れるハート

リチャード・ギアの歌は最初なんだか鼻が詰まったような
感じではありましたが聴きなれると耳から離れない。。


何で映画館行かなかったんだろう。。。もうやだ〜(悲しい顔)


「シカゴ」ミュージカルは
1975年にブロードウェイで初演ですが
わずか2年あまりで終了
で、
1966年秋にスタートしたリバイバル版
1997年開幕のロンドンリバイバル版が今日まで続くロングランです

続きを読む
posted by tama at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ

最近はまっているのが
ヨーヨー・マ(チェロ)
の奏でるピアソラです

ヨーヨー・マの演奏がとても
心に響くものであり、
それが更にタンゴという
情熱のサウンドが加わることで
CDで聴いていても
途中で自分のいる場所を忘れてしまいそうになります夜





ヨーヨー・マ・プレイズ・ピアソラ
¥1,600(税抜)



【曲目】
ピアソラ:
1) リベルタンゴ
2) タンゴ組曲[アンダンテ/アレグロ](S.アサド編)
3) 《スール(南)》〜愛への帰還
4) ル・グラン・タンゴ
5) フガータ
6) 追憶のタンゴ(カランドレリ&ピアソラ作曲)
7) ムムーキ
8) 現実との3分間
9) 天使のミロンガ
10) カフェ1930
(1,3,5,7-10 ホルヘ・カランドレリ編)
【演奏】
ヨーヨー・マ(チェロ)




中でも一番のtamaお気に入りは

続きを読む
posted by tama at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

vodafoneアクオス携帯のCM

vodafoneアクオスの携帯
SoftBank905SHのCMってすごいインパクトありませんでしたか?

tamaはこの曲は何!??
から始まりました

あの重低音からくる
「アクオス」が携帯!?それも「回転!!」みたいな

で、調べてみました


 【曲目】
プロコフィエフ:
1) バレエ 《ロメオとジュリエット》 (ハイライト)
2) 交響曲 第1番 《古典》
【演奏】
シカゴ交響楽団
サー・ゲオルグ・ショルティ(指揮)
【録音】
1982年5月
《デジタル録音》¥1600



これってバレエ音楽なんですね


続きを読む
posted by tama at 10:01| Comment(2) | TrackBack(0) | CM音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。